最近の投稿

クリスマス会をしました!

25日、まさにクリスマス当日にクリスマス会を開催しました。

残念ながら、コロナの感染防止対策としてケーキやお菓子などの食べ物は一切ありませんでしたが、今年は新たに支部のお手伝いをしてくれることとなった岩手大学の学生さん(以下 岩大生)3人が中心となって会を盛り上げてくれました。

クリスマス会は、まず留学中のミンジョンさんオームさんより、それぞれの自国の年末年始の過ごし方についてプレゼンテーションをしてもらいました。

まずは韓国のミンジョンさん

韓国は、キリスト教徒が国民の20~30%と多いです。
クリスマスの食事は、日本のようにチキンやケーキを食べるといったことはなく普通ですが、プレゼント交換はします。

正月のあいさつは、 새해 복 많이 받으세요 (セへ ボッ マニ パズセヨ)と言います。
新年には福がありますように!という意味があります。

正月に食べる代表的な食べ物の一つはトックです。
牛肉から出汁をとったスープで、餅が入っています。

クリスマス会5

トックを食べるということは「歳をとること」を意味するので食べます。
お年玉は、1万ウォン(約1,000円)が相場です。

またカンガンスルレという踊りを踊ります。
みんなで手をつないで輪になって踊ります。

(日本でおなじみのマイム・マイムみたいな感じのようです)

続いてタイのオームさん

クリスマスは、学校や職場内でプレゼント交換をよくします。
学校で渡すプレゼントは予算が指定されていて、私の学校では250バーツ(約850円)でした。

プレゼントとして人気なのはぬいぐるみで、特にMINISOというお店のぬいぐるみが大人気でした。
クリスマスツリーやイルミネーションは、大きなデパートや教会などで目にすることができます。

食事は日本のように定番のものはありません。
家で食べるよりも、普段はちょっと高くて食べることができないものや、好きなものをレストランなどのお店で食べることが多いです。
ケーキは食べたかったら食べるといった感じです。

タイでは、お正月のことをピーマイと言います。
(ピーが「年」、マイが「新しい」という意味です。)

ここでオームさんが、タイでお正月によく耳にする歌を聴かせてくれました。
歌詞の意味も訳して教えてくれましたので、その部分の動画をシェアします。

タイにも年賀状があります。
ソン・クワム・スックが正式名称で、幸せを送るという意味になります。

大晦日は、お寺に拝みにいく人はいますが、若い人はあまり行かず30代以上の人達が行くという印象です。

・・・と2人とも流暢(りゅうちょう)な日本語で、しっかりと自国の年末年始の過ごし方を伝えてくれました👏👏👏

プレゼンの後には、岩大生さん主導による2つのゲームをしました。
1つ目は、共通点探しゲーム

まずは、3人1組のグループに分かれます。
次に5分間の制限時間の中で、3人に共通することを見つけ出します。

一例をあげると「地球人である」「髪が長い」といったものから「○○先生がきらい」というものまでありました。

そして最後に、グループごとに見つけた共通点を発表しあい、一番多くの共通点を見つけたグループが勝ちとなります。

2つ目のゲームは、HEADS UP!(ヘッズアップ)

これは、いわゆるジェスチャーゲームです。
こちらも3人1組のグループに分かれました。

クリスマス会1

1人が回答者となり、あとの2人が交互にお題に対して体の動きだけで表現します。
今回は1分間の制限時間を設けて競い合いました。

クリスマス会2
クリスマス会3

と、ここまでがクリスマス会の第1部になります。

そして、次は第2部恒例のスケートになる・・・予定でしたが、連絡ミスで留学生にスケートをするということが伝わっていなくて、スケートをする準備(温かい格好、手袋持参)ができておらずお開きとなってしまいました💦💦💦

そこで、代わりにはなりませんが留学生の2人に少し質問をしてみました。

Q. 岩手で来てから食べて、好きになった食べ物は何ですか?

ミンジョンさん とんこつラーメン
オームさん 
フルーツサンド

Q. 岩手に来て良かったことは何ですか?

ミンジョンさん 雪が降って積もった景色が見れたこと
オームさん 漫画のハイキューの聖地である軽米町を訪れることができたこと

2人の留学期間もまもなく折り返し地点です。
厳しい寒さに負けず、今だからこそ体験できる異文化交流を目一杯楽しんで下さいね!

クリスマス会4

2年ぶりのりんご狩り

晩秋の寒空の下、2年ぶりにりんご狩りのイベントが、紫波町「畠山リンゴ園」で開催されました。

オームさん(左)

イベントに先立って、先月から岩手に留学中のミンジョンさんオームさんに挨拶をしてもらいました。

2人共、とても流暢な日本語で挨拶をしてくれました。
この日、はじめて彼女達の肉声を聞いた参加者は皆、その日本語にスキルの高さに驚きました。

特にミンジョンさんは、日本語能力試験で一番難しいレベル(N1)の認定を受けているほどの腕前だそうです。

さてメインのりんご狩りですが、初めにりんごのもぎ方を教わりました。
乱暴に引っ張ったり、捻ったりすると翌年はその箇所に実がならなくなるので、指を添えてやさしくもぎ取ります。

もぎ方を教わった後は、参加者はそれぞれ思い思いに手渡されたビニール袋にりんごをどんどん入れていきました。

車で来た方は袋がはち切れる程にりんごを詰め込んでいました。
一方、電車で来た方々は持ち運べる分量を自問しながら袋にりんごを入れていました。

あいにく、来年の留学を予定している日本人派遣生の参加はありませんでしたが、岩手大学に通っている学生さん3人の飛び入り参加がありました。

うれしいことに、学生さんは来月のクリスマス会のお手伝いをしてくれるそうです。
コロナの感染対策として飲食をすることはできませんが、楽しい企画を考えてくれることを期待しています♪

これから厳しい寒さの冬に突入しますが「りんごは医者いらず」ということわざもあります。
留学生の2人には、自らもぎ取ったりんごをたくさん食べて、元気に岩手の冬を楽しんでもらいたいです。

ようこそ岩手へ! オーム

2021年、2人目の留学生が岩手にやって来ました♪

タイ出身のオームこと、クアンカーオ・ピアンタムさんです。
2週間前に盛岡に来たウィさんと同じく、来年の3月中旬まで盛岡市内の高校に通います。

今回もホストファミリーとホストスクールの先生、岩手支部員らが新幹線のホームで出迎えました。

50秒ほどの短い動画ですが、岩手の地に降り立った瞬間のオウムさんの動画がこちら

出迎えたAFS岩手支部員の感想は次の通りです。

女性支部員

日本のアニメが大好きだそうなので、すぐに友達ができそうですね😊
笑顔のかわいい方でしたよ。

男性支部員

明るくにこやかな表情でした。日本語の理解も正確だと思います。

来月は2人の歓迎会も兼ねた「りんご狩り」のイベントも開催予定です。
晩秋に向けて日に日に寒さも増していきますが、2人の留学生と共にAFS岩手支部も盛り上がっていきたいと思います!

MENU
PAGE TOP